【インタビュー】2014世界大会2A部門チャンピオン山本拓馬選手

こんにちは。JYYFの荒牧です。
今回も昨年度世界チャンピオンのインタビューを掲載します。

前回のSPINATIONのインタビューに続いて5番目は、
2014世界大会2A部門チャンピオン、山本拓馬(ヤマモトタクマ)選手です!

2A World Yo-Yo Champion Takuma Yamamoto

2A先進国日本の中でも常に先頭を走り続ける山本選手。練習量に裏付けられたフリースタイルは、ツーハンドルーピングの限界に挑んでいるかのようなトリックの数々で観客を魅了します。世界大会2A部門では2008・2013・2014年の3度優勝し、今年は4度目・3連覇がかかっています。

 

 


 

Q1. ヨーヨーを始めたのはいつから?

1997年の8月頃です。

 

Q2. ヨーヨーを始めたきっかけは?

友達がやってるの見て興味をもったから。

 

Q3. 尊敬するヨーヨープレイヤーはいますか?

横山光士選手です。彼がいなければ今の自分はいませんね。

 

Q4. あなたが2A部門をメインにするようになったのはなぜですか?

ジャパンレベル(※)の延長・・・ですかね?

 

Q5. 普段どんな練習をしていますか?

次の大会でやろっかなーっていう技を練習してますかね。

 

Q6. 大会前はどんな練習をしますか?

平日は家で大会のルーティン順にひたすら技を通し続けて、休日に場所を借り、音楽付きでひたすら通し続ける感じです。

 

Q7. 昨年優勝するまでのエピソードがあれば教えてください。

特に・・・ないですね・・・

 

Q8. 昨年優勝した時の感想を教えてください。

ホッとしました。

 

Q9. 昨年優勝した後、何か変わったことはありますか?

より一層練習するようになりましたかね。

 

Q10.今年の世界大会の意気込みをお願いします。

気楽にやります。

 

Q11.あなたにとってヨーヨーとは?

人生です。

 

※第1期ハイパーヨーヨーの認定制度の最終レベルである「THPジャパンプロスピナーレベル」のこと。2Aトリックがたくさんあった。


 

山本拓馬選手、ありがとうございました。

カテゴリー: インタビュー