WITH CLARK HIGH SCHOOL

特別協賛:クラーク記念国際高等学校 秋葉原ITキャンパスについて

皆さんこんにちは!世界大会運営委員の上村です。

本年度の全日本ヨーヨー選手権大会(2015JN)にて、大会の運営バックアップを行って頂いた創志学園クラーク記念国際高等学校 秋葉原ITキャンパスの皆様ですが、このたびWORLD YO-YO CONTESTも同様に運営のバックアップを行って頂ける事になりました。

また、今回は同校が実施されている「プロダクトデザインOJT」の取り組みに我々日本ヨーヨー連盟も参加させて頂くこととなり、同校の学生の皆さんと一緒にWORLD YO-YO CONTESTで販売するグッズの企画・制作を行うことになりました。

日は少しさかのぼり、全国大会が終わった5月頃…。一緒にOJT活動を行いましょう!とお声掛けを頂き、同校の授業に上村がお伺いし、まずは学生の皆さんとミーティングを行いました。

グッズ制作にあたって、今回の目的として

・世界大会をキッカケに「競技ヨーヨー」の一般認知を向上させる

・初めてヨーヨーのイベントに来た一般来場者に少しでも「ヨーヨー」へ親しみを持ってもらう

等を意識して、グッズ制作にとりかかってみよう!ということになり、皆さんからデザインやアイデアを募りました。

クラークOJT_1

学生さんから出てくるアイデアは非常に新鮮で、ヨーヨー業界の中ではあまり類を見ない発想もあり、ミーティングの度、色々な気づきを与えてくれました

そして日を重ね…、検討を重ね…、様々なアイデアが生まれては消え行く中…、
「まずはヨーヨーのマスコットキャラを作るのはどうか?!」という振り出し的な結論(?)にいたり、最終的に生まれたのが、HINATAさん考案・制作のヨーヨーを背中に背負ったカタツムリ「つむ太ファミリー(つむたふぁみりー)」です。

クラークOJT_2

選考の理由としては、単純に見た目の可愛さもありますが、ワールドヨーヨーデーである6月6日が、日本ではちょうどカタツムリが発生する梅雨の時期ということもあり、本大会WORLD YO−YO CONTESTは夏の開催ではありますが「ヨーヨーのマスコットキャラ」として、連盟側からOKを出させて頂きました。
つむ太が誕生後は、次にどのような形でグッズ化を行うかを検討。
今回は一般来場者の方が多く来場されることが見込まれているため、できるだけ手に取っていただきやすいよう、以下のラインナップで会場に登場させることにしました!

・つむ太Tシャツ、ポストカード/クリアファイル、缶バッジ

クラークOJT_3クラークOJT_4

 

クラークOJT_5

上記各商品はWORLD YO−YO CONTEST 1Fオフィシャルブースにてお買い求め頂けます!

また販売は行われませんが、3Dプリンタ製つむ太ヨーヨースタンドや
つむ太スタンプも会場のどこかに??登場する予定です。

会場のあんなところやこんなところに登場するつむ太、
見つけたら少しほっこりした気持ちになるかもしれません。
(ちなみに好きな食べ物はチーズだそうです!)

そしてWORLD YO-YO CONTEST終了後のつむ太たちの住み家ですが、今後本格始動するJYYFニコニコ公式チャンネルに登場する予定となりました。公式チャンネル共々つむ太ファミリーの今後の活躍にもぜひご期待ください!

 

<<ネパール大地震 被災地支援募金活動のお知らせ>>

クラーク記念国際高等学校では2015年4月に発生したネパール大地震の被災地支援募金活動を
継続して実施されており、今回WORLD YO-YO CONTESTでは同募金活動のサポートを
行わせていただくこととなりました。

開催期間中は1Fオフィシャルブースにて募金箱を設けておりますので皆様の暖かいご支援、ご協力をお願い致します。

280clark

2015 World Yo-Yo Contest

Organized by:
Japan Yo-Yo Federation
Supported by:
International Yo-Yo Federation