FREESTYLE MUSIC

使用音楽について

フリースタイル競技に参加される選手は以下の内容を必ず確認してください。

「使用音楽申請フォーム」入力のお願い

使用する楽曲のタイトル・アーティスト名・および入手先(URLなど)を、事前に申告していただきます。楽曲名称・入手先が不明なものは受け付けることができません。

フリースタイル競技参加者全員は、大会5日前までに、参加エントリーとは別の「使用曲申請フォーム」にて、曲情報を記入してください。推奨曲を使用する場合は、このときに選手が申請した楽曲を再生します。

大会5日前の締め切りを過ぎた後に、音楽の変更がある場合も、同じフォームから修正の申請をしてください。ただし、必ず会場にて、変更があった旨を音楽受付に報告してください。

大会当日に変更があった場合は、必ず、大会後に修正の申告を同じフォームから行ってください。(申請が1週間以内に行われない場合は、該当大会の失格措置を行う場合があります)

変更:「使用音楽申請フォーム」の入力は不要になりました

多くの海外選手が集まる競技会として、正確な曲情報の収集が困難なことから、管理団体様より、特別な許可を頂き、曲の詳細申請を免除いただき、時間単位での契約となりました。そのため、選手の皆様から、曲の情報を収集する必要がなくなりました。

ワイルドカードの曲番号は、ワイルドカード入室時に、スタッフに申請ください。(必ず、ワイルドカード入室前に、自分の使用する曲の番号をご確認ください。不明・決まっていない場合は、すべて、M-01 とさせていただきます。)

また、使用ヨーヨーは演技後に、スタッフにお知らせください。

 

青少年健全育成

選手は青少年の健全育成の立場からも、自分のフリースタイルが音楽も含めてあらゆる場に適するかどうかを考慮する必要があります。

音楽は、すべての観客(小中学生やその保護者を含む)にとって適するものでなければなりません。不適当な音楽(外国語も含めF**kなどの中傷や、わいせつな言葉が入っているもの、暗に不適切な内容を示唆しているものなど。また、ピー音でのカバーや、無音での処理でも、全体の流れを通して不適当と判断する場合は失格の可能性があります。)を使用した選手をジャッジは失格にすることがあります。もし、選手が自分の音楽が適当なものか不確かな場合は、事前にジャッジに確認することができます。

毎年、失格、もしくは、失格に近い選手がいます。歌詞など、あまり良くない内容だと思う場合は、使用を避けるようにしてください。本件に関しては、Fワードがあったかどうかだけではなく、すべての観客(小中学生やその保護者を含む)に適するものかどうか厳しく判断していきます。

失格に関しては、このページの最下部に明記します。

ワイルドカード(30秒)での使用曲

ワイルドカードラウンドでは、指定曲のみを使用することできます。曲番号を事前に申請してください。事前の申請がない場合は、当日、受付時に選んでいただくか、運営によるランダム再生となります。

詳細、指定曲のリストはこちら

予選(1分)・準決勝(90秒)・決勝(3分)の使用曲

全ての選手は、来場最初の日の選手受付時に、使用音楽CDを受付に提出してください。

予選、準決勝、決勝では、JASRAC等、著作権管理団体管轄下の曲も使用できます。

必ず、自分の所有するCDやレコード、デジタル音楽(iTunes Storeの楽曲)などの原盤CDもしくは、そのコピーを提出してください。違法に入手した楽曲や、レンタルCDからのコピーは認められません。著作権法を遵守してください。

大会当日に、音楽 CD 形式(=CDプレーヤーで再生できる「CD-DA」形式)で使用楽曲を書き込んだ CD-R を提出して下さい。mp3, wav などの音楽ファイルが入ったCDは再生することができません。施設の音響機材の都合上、CD-RWではなく、必ず CD-R での提出をお願いします。

※国内大会とは異なり、無編集のJYYF推奨曲を使用する場合も、CD-Rに収録してご持参ください。

1.提出用のCD-Rについて

CDの提出方法に、通常の国内大会から変更があります。必ずご確認ください。

  1. ひとつの部門の曲は、予選・準決勝・決勝すべてを1つのCDにまとめて入れてください。
  2. 収録する順番は、予選→準決勝→決勝の順番で入れてください。
・レーベル面の記入内容について

氏名は必ず「選手登録にあるローマ字表記」にしてください。演技順との照らし合わせをスムーズにするため、ご協力をお願い致します。また、曲タイトル等の不必要な情報の記入も避け、以下の例にある情報だけを記入するようお願い致します。

レーベル面の記入例を掲載しますので、このフォーマットに沿った形での記載をお願い致します。

1部門に参加の場合は、使用する楽曲のみをCD-R(CD-RW 不可)に書き込んでください。

2部門以上に参加する場合は、参加部門の数だけ CD-R を用意し、1部門につき CD-R 1枚の形で、書き込んで下さい。楽曲の管理のため、使用する楽曲が同じであっても、1つの CD-R につき1部門までとさせていただきます。ご面倒ですが別 CD-R で準備するようにしてください。例えば、4部門に参加する場合は、4枚CD-Rを用意し、それぞれに書き込んでいただくことになります。

CD-Rを使用する場合、CD-R表面にはわかりやすく油性ペンなどで参加部門と氏名を記載して下さい。また、予選(Prelim)、準決勝(Semi)、決勝(Final)のトラックは1枚のCDにまとめ、以下のサンプル通りの順番で書き込んでください。

cd-sample

CD-R・再生機材の不調、万が一の紛失に備え、各自、複数のメディア(異なる環境で作成したCD-R)や別形式(iPodなどの携帯音楽プレーヤー)で代替品を用意して下さい。

CD-R作成のガイドライン

再生エラー(会場機材での読み込み不能)を避けるため、以下の点に注意してCD-Rを作成してください。

  • CD-Rを使用して下さい。(CD-RWなどは使用できません)
  • オーディオCD形式(CD-DA)で作成してください。(mp3やacc,wavをデータ保存するだけではありません)
  • 太陽誘電ほか、国内大手メーカーのCD-Rを使用して下さい。
  • 追記や上書きできない方式(ディスクアットワンス方式)でCD-Rを作成して下さい。
  • 異なるPC,CD-Rメーカー、CD-R作成ソフトで複数枚用意してください。
  • 作成後、少し古めのCDプレイヤー(コンポやラジカセ)で再生ができるか確認して下さい。(最新の再生機器やカーナビなどでは、mp3を保存したCD-Rでも再生できてしまうものが多くあります)
  • CD-Rの盤面にキズなどがつかないようにしてください。
  • ボールペンなど堅いものでの記入や、厚めのシールなどを貼らないようにしてください。
  • 作成後、直射日光や高温の場所に長時間置かないでください。
・再生確認

ご自身で作成されたCD-Rを提出予定の場合、必ずCDプレーヤー(PC除く)で再生確認を行い、曲頭から曲終(少なくとも予定している演技時間分)まで正しく再生できているか、意図した曲が正しく記録されているかどうかを確認してください。

2.CDが再生できない場合の措置

・携帯音楽プレーヤーご準備のお願い

準備したCDが全て再生できない場合の対策として、可能な限り携帯音楽プレーヤーを用意してください。過去の大会において、用意したCDが全て再生できず、やむを得ず携帯音楽プレーヤーを使用して演技を行ったという事例が何度もあります。

・携帯音楽プレーヤーを使用する場合の注意点

音響スタッフに携帯音楽プレーヤーを渡す前に、音量を最大にしておいてください。また、操作画面が音楽再生中に(少なくとも3分以上は)消えない設定にしてください。携帯音楽プレーヤーをスタッフに渡す際、操作上の注意点がありましたら、必ずスタッフまで伝えるようお願い致します。

・演技直前の音楽再生確認

携帯音楽プレーヤーを使用して演技を行うことになった場合、確実な音楽再生と音量の確認のため、演技開始前に使用音楽を極短い時間だけ再生させていただく場合がありますのでご了承願います。

・iPhoneなど携帯電話を音楽プレーヤーとして使用する場合の注意点

必ず電話の着信を受け付けない設定(機内モード等)にしてください。演技中に着信があった場合、音楽の再生が止まる原因になる可能性があります。

音響トラブルが発生すると、演技順が入れ替わったり、演技が中断してしまう可能性もあります。こうしたトラブルは何より出場する選手の皆様自身のためになりませんので、一つでもトラブルの要因を減らすことができるよう、皆様のご協力をお願い致します。

・音響スタッフへの連絡事項がある場合

曲中に無音部分があるので途中で止めないでほしいといった注意や、録音されている音量が小さめなので音量大きめで再生してほしいといった要望がありましたら、CDの提出時に連絡事項を記載したメモを一緒にご提出願います。提出するメモには必ず出場部門、準決勝/決勝区別、氏名を記載してください。

不適切な音楽による失格について

選手・スタッフ・関係者・観客・ジャッジから、該当選手の音楽が不適切である可能性がジャッジ、スタッフに通達された場合、ジャッジ・スタッフは速やかに該当部門の担当責任者(担当ジャッジ、運営責任者)を招集し担当責任者全員で該当の音楽を確認します。

担当責任者の半数以上(4人の場合は2人以上)が不適切であると判断した場合、該当部門においてその選手は失格となります。

予選・準決勝・決勝ともに結果発表が終了したあとには失格とはなりません。

過度に悪質で、演技の続行自体が不適切だと判断された場合は、ヘッドジャッジ、担当ジャッジ、大会運営責任者、会場関係者いずれか1人の独断で音楽を停止することができます。(確認後、問題ないことが明らかになった場合は、その部門の最後にその選手は再度演技をすることができます)

担当責任者は原則、その音源から聞きとれる内容を判断材料とします。

不適切と判断した後、担当責任者は結果発表前に該当選手にその旨を通告するように務めますが、結果発表までに十分な時間がない場合や、該当選手が外出している、呼び出しに応じないなどで通告が困難な場合は、その限りではありません。

通告の際に、説明・釈明がある場合、選手はすみやかに担当責任者に報告してください。作曲者、作詞者、レコード会社、歌詞カードなど判断材料とはしますが、それが最終判断材料にはなりません。その音源から聞きとれる内容が最終判断材料となります。

担当責任者の決定が最終であり、失格確定後はいかなる場合でも結果は覆りません。

 

(2015.7.17 更新)

2015 World Yo-Yo Contest

Organized by:
Japan Yo-Yo Federation
Supported by:
International Yo-Yo Federation