WOMEN FREESTYLE

女性フリースタイル

women605

ヨーヨーは、体格・筋力などにあまり影響を受けない競技として、老若男女問わず楽しめ、競い合うことができるスポーツです。過去にも、女性の世界・全国チャンピオンは数名おり、近年ではアジア、ヨーロッパ、アメリカですばらしい成績を残す女性プレイヤーが増えてきています。

しかし、ヨーヨー競技会では、まだまだ少ない女性プレイヤーたち。その彼女らに焦点を当てた競技がこの「WOMEN FREESTYLE」です。

競技概要

  • 女性限定のフリースタイル
  • 2分の演技
  • 予選・決勝共に8/15(土)開催
  • 自身で選んだ曲を使用
  • 1A-5Aのどれかのスタイルを選択して演技する
  • 競技・採点ルールは、1A-5Aに準拠
  • 評価項目は準決勝と同じ4項目
  • 技術実行点におけるクリッカーの総量を、係数で標準化し、選択したスタイル間の差をなくす

WOMEN FREESTYLEの優勝をもって、「ヨーヨーの世界チャンピオン」とはなりません。当競技に参加しても、1A-5Aには参加可能です。

予選

競技登録者が、20名以上いた場合は、予選を行います。

6/23時点で、20名以上のエントリーがあるため、8/15(土)の午前からお昼頃に予選を行います。

  • 1A-5Aのワイルドカードと同様
  • 30秒の演技
  • 土曜日の午前中開催予定(会場、スケジュールにより、変更になる可能性があります)
  • 1階のイベントステージで開催を予定
  • 指定曲より選択
  • 技術実行点のみ採点(評価点・追加減点なし)
  • 競技・採点ルールは、1A-5Aに準拠
  • 技術実行点におけるクリッカーの総量を、係数で標準化し、選択したスタイル間の差をなくす
予選演技順
  1. Lu Chia Lin (Taiwan)
  2. Reia Torita (Japan)
  3. Ann Connolly (Czech Republic)
  4. Mimi Thian (Malaysia)
  5. Ryoko Shimizu (Japan)
  6. Tasya Ganikhina (Russia)
  7. Brena Cheong (Singapore)
  8. Marilyn Leung (Hong Kong)
  9. Josefina Nesporova (Czech Republic)
  10. Nanae Masuda (Japan)
  11. Coco Sun (China)
  12. Tomoyo Shichita (Japan)
  13. Betty Gallegos (Mexico)
  14. Kaoru Nonaka (Japan)
  15. Shana Suzuki (Japan)
  16. Tessa Piccillo (United States)
  17. Mai Kaneko (Japan)
  18. Hobbit-Wen Wang (Taiwan)
  19. Julia Aleksandra Gutowska (Poland)
  20. Yvonne Ng (Brunei)
  21. Stephanie Haight (United States)
部門間の差をなくす係数について

各ジャッジのクリッカー採点後、加点と減点の和に、演技したスタイルによって以下の数を乗算します。

1A – 1.00
2A – 1.53
3A – 1.48
4A – 1.51
5A – 1.27

この数値は、昨年世界大会の決勝上位5名の数値を元に算出しています。

(2015.8.7 更新)

2015 World Yo-Yo Contest

Organized by:
Japan Yo-Yo Federation
Supported by:
International Yo-Yo Federation