SPINTOP

チャンピオンシップ:スピントップ

spintop605

土曜日の夕方決勝(2Fメインステージ)、午前中に予選(B1スピントップエリア)を開催予定

土曜日のみに来場し、スピントップチャンピオンシップにのみ参加される方は、部門参加エントリー(3000円)と、1日入場券をお買い求めください。

また、予選と決勝の間の時間で、日本独楽博物館協力で、日本の独楽の検定、競技会がB1のスピントップエリアにて行われます。

 

競技概要

決勝は3分間、予選は1分間の自由演技で競います。

世界スピントップフリースタイル ルール

形式

3分間の音楽に合わせたフリースタイルによって、チャンピオンを決定します。参加者の数が多い際は、1分間のフリースタイルにて予選を行います。

スピントップ

どのようなスピントップでも使用可能です。固定軸、ベアリング、ワンウェイベアリング搭載、巨大スピントップでも参加できます。
使用する、または、予備として持ち込むスピントップの数に制限はありません。しかし、演技前に自ら、ステージ上に用意したスピントップ以外は、使用することができません。ステージから一度落ちたスピントップも使用できません。また、ほかの人によって準備されたスピントップの使用や、アシスタントは認められません。

技術点

難易度、リスク、オリジナリティによって、1~6点が、それぞれの成功したトリックに与えられます。
コンビネーショントリックは、それぞれのジャッジの判断によって、複数のトリック、もしくは、難易度の高いひとつのトリックとして見なされます。
ひとつのフリースタイルの中で、3回以上すでに繰り返されたトリック、もしくは、5回以上連続で繰り返されたリジェネレーショントリックは、下げられた得点が与えられます。
最初に投げた際の回転がなくなった後に、成功したトリックには、特別な難易度点が加算されます。

芸術点

ジャッジは、別途、観客のために興味深いことをしたかどうかで、1~20点のパフォーマンス点を与えます。連続性、多様性、ショーマンシップなどの主観的な点数もここに加算されます。

減点

スピントップを床に落とすと、1点減点になります。選手が、自らの意志で、床でスピントップを回す際は、減点対象となりません。
フリースタイル中に、ヒモを巻くことは、毎回1点減点になります。選手は、すでにスピントップを巻いた状態で、予備を準備しておくことを推奨します。
ヒモを巻かずに、スピントップを再回転させた場合は、減点の対象となりません。
スピントップを落としていない場合での、スピントップの交換は、減点の対象となりません。

最終得点

80点を最高得点として、それぞれのジャッジの技術点は、ノーマライズ(標準化)されます。その点数に、芸術点を足し、100点満点とします。最後に、減点を点数から引き、最終得点となります。その得点を元に、優勝、2位、3位を決定します。

特別トラディッショナル賞

伝統的なスピントップを使用した選手の中で、最高得点をだした人を表彰します。伝統的なスピントップとは、木製ボディの固定軸のスピントップを指します。

音楽

選手はそれぞれ、音楽を用意します。1分の予選では、音楽は必要ありません。音楽は、全ての観客に適当なものでなければなりません。不適当な音楽を使用した場合は、失格となります。音楽の適当・不適当が不明の場合は、ジャッジが確認することができます。

予選演技順
  1. Robert Tsou (United States)
  2. Takahiko Hasegawa (Japan)
  3. Shogo Ichikawa (Japan)
  4. Val Oliver (United States)
  5. Daisuke Watanabe (Japan)
  6. Keita Watanabe (Japan)
  7. Mike Durdak (United States)
  8. Tsutomu Takeda (Japan)
  9. Yoshihito Fujita (Japan)
  10. Ryoichi Katsukawa (Japan)
  11. TAO Jorge Alcoz (Uruguay)
  12. Kazuhito Miki (Japan)

 

英語ページと日本語ページのルールに万が一、解釈やニュアンスの違い・差異がある場合、英語ページが正となります。あらかじめご理解ください。

英語でのルールはこちらをご確認下さい。

協力

日本独楽博物館 (JAPAN SPINNING TOP MUSEUM)

International Top Spinners Association

 

 

 

 

(2015.7.15 更新)

2015 World Yo-Yo Contest

Organized by:
Japan Yo-Yo Federation
Supported by:
International Yo-Yo Federation