TRICK X-IBITION

トリック・エキシビション

xibition605

  • 8月17日(月)の午後、1Fのステージにて開催予定
  • 1分間で、1A-5Aに従来属さないトリックを披露
  • 音楽なしのトリックのみに焦点を当てた演技と審査
  • 事前のビデオ審査で当日ステージに上がる選手を選出
  • ひとりで複数種類のトリックスタイルを応募可能

決勝進出者

  1. Soichiro Sugiyama (Hubstack)
  2. Rei Iwakura (Yo-gling)
  3. John Wolfe (Rei-Dragon/Double Dragon 5A)
  4. Takahiko Hasegawa (Long String)
  5. Hassan Marialis (Triobius/3A+Moebius)
  6. Ryuya Kaneko (Loop-Hoop)
  7. Keiichi Takimoto (Picture Trick)
  8. Rei Iwakura (Air Combo Style)
  9. TAKE-Iguchi. (4A Top-On x Balance x 2A)
  10. Gabor Kocsis (Tethered Dragon / One-handed Double Dragon)
  11. Justin Weber (Long String)
  12. Zachary Lytle (Magnetic Yo-Yo)
  13. Sora Ishikawa (2-Hand Counter-Weight)
  14. Takahiko Hasegawa, Ryuya Kaneko, Mai Kaneko, Shun Sakakibara, Yoshimi Koga (Fuji-san/Long String Team Ver.)
  15. Ishihara-Dai-Circus (Duo 4A)

決勝進出おめでとうございます。

TRICK X-IBITION とは?

本競技では、既存の競技A部門(1A-5A)のルール内では演技できない・評価されない新規性/創造性を持ったトリックスタイルを演技・発表する場です。

背景

TRICK X-IBITION のベースとなるX部門は、従来の競技スタイル1A部門や、2A部門に収まらない様々なスタイルが90年代後半までに開発されたことを受け、2000年の世界大会で新設されました。
(http://www.worldyoyocontest.com/2000worlds/xtreme.html)

部 門設立における直接のきっかけの一つは、1999年のハワイで開催された世界大会の1A部門でオフストリングトリックのみでルーティンを披露した三居弘典 選手の影響が大きいと言われています。2000年当初のX部門の定義は「1A、2A以外」という大きな枠組であり、今のように3Aや4A等と部門は分けら れず、それらを包括して1つの部門、いわゆるX部門として開催されていました。X部門はその後3年間にわたり開催され、2003年に3A,4A,5Aとい う3つの部門に分かれました。しかし、その分類から漏れているスタイルや新規性を秘めたスタイル、というものを披露する場所は無くなってしまいました。

三部門化の後は、AP部門がその受け皿になっていたという部分もあります。具体的には岩倉選手や長谷川選手のようにパフォーマンスと従来のヨーヨースタイルではないものを組み合わせた構成にすることでAP部門に参加する選手も居ました。

・2010年世界大会 長谷川貴彦選手
https://www.youtube.com/watch?v=FvpZbSg3NTs

・2010年世界大会 岩倉玲選手
https://www.youtube.com/watch?v=2OGAnWSsWk4

し かし純粋な新しさ、未知の可能性があってもそのスタイルを発表する場は限られています。そのような中、2013年世界大会1A部門でダブルドラゴンを披露 し、一躍有名になったKy Zizan 選手や、3Aと5Aをフュージョンさせたスタイルを発表した石川空選手等、従来のスタイルに捉われない、また評価しきれない可能性を秘めたプレイヤー/ス タイルが近年注目を集めています。

・2013年 世界大会 Ky Zizan 選手
https://www.youtube.com/watch?v=cyyHhqmokn0

・2014年 浜松ヨーヨーコンテスト 石川空選手
https://www.youtube.com/watch?v=MUXeukMSRJQ

進 化したヨーヨーでの新しいヨーヨーの遊び方はこれから10年後のヨーヨーシーンを一変させる可能性も包有しています。ここで改めてヨーヨーの遊び方の可能 性を追求し、新規性/創造性を持ったトリックスタイルを発表する場が必要であるとの考えから、TRICK X-IBITION 開催に至りました。

開催の狙い

TRICK X-BITION は、いわゆるフリースタイル競技としてのX部門ではなく、通常の競技では演技できないトリック・スタイルを発表する場として開催します。素晴らしい技術で ありながらルールの制約上、評価や発表が難しいスタイルを発掘、アピールする場として活用してもらいたいと思います。

ルール

  • 審査員が各スタイルにおける新規性/クリエイティビティ/難易度/完成度等を総合的に評価します。
  • 演技時間はビデオ予選、決勝ともに1:00以内とします。
  • エントリーは選手単位ではなく、トリックスタイル単位となります。一人で複数のスタイルにてエントリーする事も可能です。また表彰についてもトリックスタイル単位での表彰となります。
  • ヨーヨーの使用方法や使用個数に制限はありません。またヨーヨー以外の器具の使用も可能です。
  • 予選はビデオ審査を行います。
  • BGMは使用せず、純粋にトリックスタイルに焦点を当てた審査を行います。

注意事項

  • 持ち込む器具やヨーヨー等に制限はありませんが、演者や観客、ジャッジ、大会施設の危険を脅かすようなものは使用禁止とします。また、準備・撤去に時間のかかる大掛かりなセット等も禁止とします。ステージ進行に支障が出ない範囲で準備・撤去できるものに留めてください。
  • ジャッジに演技内容が不適切である(公序良俗に反する、等)と判断された場合は失格となります。
  • TRICK X-IBITION は世界チャンピオンタイトルではありません。

 タイムライン

  • 2015年6月25日:予選審査ビデオ受付開始
  • 2015年7月20日:予選審査ビデオ受付締め切り
  • 2015年8月1日:決勝ファイナリスト発表
  • 2015年8月17日:TRICK X-BITION 開催当日

 審査基準

複数のジャッジが新規性やクリエイティビティ、スタイルとしての難易度や完成度を総合的に評価します。全員の演技終了後、審査員間で協議を行い、下記アワードを選出/表彰します。

 

優秀賞・・・TRICK X-IBITION にて披露されたスタイルの中でも「特に優れた新規性やクリエイティビティ等を持ち合わせている」「完成度が高く、トリックスタイルとして十分に認められ る」「将来的には4A, 5Aのように部門創設の可能性も感じる事が出来る」と審査員が判断したトリックスタイルを表彰致します。
※表彰数に規定はなく、複数のトリックスタイルを表彰する場合があります。

最優秀賞・・・特に抜きんでて素晴らしかった1名・1トリックスタイルを、最優秀賞として表彰します。
※該当者なしの場合もあります。

トリックスタイル例(もちろん、以下に限りません)

  • ハブスタック
  • ダブルドラゴン
  • ヒドラ
  • ゴーウエスト
  • マグネット
  • モービアス
  • トリプルアクセス
  • ソードダンサー
  • 2in1
  • 固定軸ならではのトリック
  • ストップ&ゴー
  • バーを使った5A
  • ロングストリング
  • ペーパークリップ
  • ストリングカット
  • フープループ
  • 足でのループ
  • オフストリングカウンターウエイト
  • テラーヨーヨー
  • チェリー
  • 巨大ヨーヨー
  • ミニヨーヨー
  • ロケット・バンクデポジット
  • ルーピング&ストリングトリック
  • ストリング・イート
  • 回転を他のヨーヨーに与える
  • ウォッシングマシーン
  • オフフィンガー(フライングイール)
  • 1/2 A
  • ピクチャートリック

もちろん、上記のトリックや新しいものをすればよいというわけではなく、それを新規性・難易度・工夫などで、現代のほかの競技部門のレベルに達しているかも判断します。

審査員

有識者数名を予定

エントリー方法

2015年7月20日迄に、予選審査用ビデオをVimeoやYouTube等へ、「限定公開」設定の上アップロードして提出して下さい。アカウント作成は無料で簡単に行うことが出来ます。

http://www.vimeo.com または http://www.youtube.com をご参照下さい。

アカウント作成後、ページ上部の”アップロード”を選択して下さい。
ビデオをアップロードしたら、”設定”から限定公開オプションを選択して下さい。
これらのビデオアップ操作が完了したら、動画リンクと併せ、trickxjudge <AT> iyyf.org へ、下記事項を記入の上メールを送付してください。

  • 選手名:
  • トリックスタイル名:
  • 住所:
  • 国籍:
  • 年齢:
  • メールアドレス:

ビデオに収録される演技時間は最大1分間とします。エフェクトの付与や、場面繋ぎ等の編集は禁止と致します。エントリー用演技はノーカットの1演目をご用意下さい。演技時間計測のためにBGM(1分間)を使用してもかまいませんが、評価対象とはなりません。

提出されたビデオを元に、ジャッジは10名程度の決勝進出者を決定する予定です。

予選ビデオ審査の結果(決勝進出者のリスト)は、本ページにて8月1日までに発表致します。

 

(2015.8.5 更新)

2015 World Yo-Yo Contest

Organized by:
Japan Yo-Yo Federation
Supported by:
International Yo-Yo Federation